あなたのお悩みを後遺障害別にチェック

  • 頭部高次脳機能障害など
  • 頭(目・耳・鼻・口)頬骨骨折、顎骨骨折、眼窩上壁骨折など
  • 首頚椎捻挫(外傷性頚部症候群)など
  • 肩肩鎖骨関節脱臼、鎖骨骨折、肩甲骨骨折など
  • 脊髄・脊柱腰椎圧迫骨折など
  • 腕、肘、手上腕骨骨折、尺骨骨折、手関節TFCC損傷など
  • 腰腰椎捻挫、腰椎椎間板ヘルニアなど
  • 骨盤~股関節~大股骨盤骨折、股関節脱臼など
  • 膝後十字靱帯損傷、半月板損傷など
  • 太ももから先大腿骨骨折、腓骨骨折、踵骨骨折など
死亡事故 高次脳機能障害 醜状障害 等級について

交通事故の賠償金は弁護士に相談することで「増額」されるケースがあります。高の原法律事務所なら
着手金・相談料無料・成功報酬制です。
安心してご相談ください。

詳しくはこちら

  • 当事務所の交通事故問題解決実績
  • お客様の声

 

当事務所の解決事例

怪我の部位(傷病)による分類

むちうち

むちうち以外の怪我

死亡事故

事故の状況による分類

車と車:追突

車と車:追突以外

車と自転車

車と人

後遺障害等級による分類

1~7級

8~12級

13~14級

 

交通事故の解決までの流れ

交通事故の解決までの流れ イメージ

交通事故について

事務所を開設して以来、多くの交通事故の被害者から助けを求められ、数多くの案件を取り扱ってきました。

 

被害者の多くは、保険会社とのやりとりに疲れ、早期の解決を希望しています。

一方で、賠償金額についてはそれなりの金額をもらうことで、これまでの苦痛を慰謝してほしいと感じています。

  DSCF7138.JPG

 

私は、この被害者の希望に沿うよう、全力で取り組んできました。

 

まず、受任後は保険会社との交渉を一手に引き受け、被害者は一切保険会社からストレスを受けないようにします。こうして、被害者は安心して治療を受けられるようになります。症状が固定したら、医師に適切な後遺症診断書を作成してもらい、必要があれば医師に面談し、診断書を修正してもらうこともあります。

 

さらに、必要な画像データを取り寄せて、自賠責の後遺症請求(被害者請求)を行います。

自賠責から後遺症等級の認定を受けた後は、保険会社との交渉を開始し、できるだけ早期に裁判基準の内容で示談を成立させて、被害者が十分な示談金を受け取れるように努力しています。

 

これらの一連の仕事は大変労力のいるものです。事故直後から受任した場合は、最終解決まで2年も要した場合もありました。

また、後遺症請求は、非常に専門的な医療知識が必要となることもあります。

しかし、ここが一番の肝になる部分ですので、全力で取り組んでいます。後遺症の等級は、その後の損害賠償額を大きく左右してしまうのです。

 

被害者は本当に事故で損をします。車が損傷し、体も怪我をして痛い思いもするし、治療に時間や労力がとられます。その精神的な苦痛は図りしれません。これを埋めてくれるものは、十分な損害賠償金を受領して慰謝してもらうほかありません。

 

最初は暗い顔で交通事故の相談に来られた方も、事件を受任して納得のいく損害賠償額で示談が成立すると、表情が明るく、前向きになっていきます。

 

私は、これからも依頼者のために全力で取り組んでいきたいと思います。

 

takanohara jimucho.png

後遺障害について 賠償金について 当事務所の実績

交通事故・後遺障害に関するご相談をお待ちしております。0742-81-3677 受付時間平日9:00~18:00(土曜日応相談)奈良市右京1丁目4番地サンタウンプラザひまわり館3階 着手金相談料 0円