自転車事故で死亡した事例

1.事故状況

Cさんは、自転車で道路を運転中に自動車と衝突して死亡しました。

2.相談のきっかけ

Cさんの遺族は、保険会社から当初2000万円程度の保険金の支払いの提示を受けていました。しかし、その金額に納得ができず、弁護士に交渉を依頼しました。

3.弁護士の活動

弁護士は、Cさんの事故状況と治療状況、死亡までの損害内容を確認し、裁判基準で損害額の算定をしました。
 

4.弁護士関与の成果

弁護士が裁判基準によって、相手保険会社と再度交渉をした結果、総額で約4000万円で示談が成立しました。
これにより、Cさんの遺族はまとまった金額を受け取ることが出来ました。
   

5.弁護士の所感

本件は、被害者遺族では保険会社の基準でしか示談できなかったところ、弁護士が代わりに交渉することで、裁判基準での示談ができました。その差は当初のほぼ倍額となっており、2000万円もアップすることができました。
専門の弁護士に依頼することで、早期に高額の示談ができた成功事例です。

 

当事務所の解決事例はこちら

怪我の部位(傷病)による分類

むちうち

むちうち以外の怪我

死亡事故

事故の状況による分類

車と車:追突

車と車:追突以外

車と二輪

車と人

後遺障害等級による分類

1~7級

8~12級

13~14級

物損の事例

物損あり

物損のみ

 

交通事故・後遺障害に関するご相談をお待ちしております。0742-81-3677 受付時間平日9:00~18:00(土曜日応相談)奈良市右京1丁目4番地サンタウンプラザひまわり館3階 着手金相談料 0円

 

交通事故に関してさらに詳しく知りたい方はこちら

交通事故問題解決の流れ


弁護士費用を保険で払う

交通事故の損害賠償 


後遺障害とは

交通事故

当事務所の情報はこちら

 

弁護士紹介

事務所紹介

 弁護士費用

アクセス