むち打ちが生じた事例

1.事故状況

Dさんは、タクシーに乗車中、タクシーが急ブレーキをかけたため、反動でむち打ちになりました。その後、Dさんは治療に行きましたが、仕事が忙しく、なかなか病院へ通う時間がとれなかったため、整形外科にも途中でいかなくなり、むち打ちの症状はまだ残った状態でしたが、治療も中断してしまいました。
 

2.相談のきっかけ

Dさんは、保険会社から後遺症なしを前提として、約30万円の示談金額を提案されました。しかし、その金額に納得ができず、弁護士に交渉を依頼しました。
 

3.弁護士の活動

弁護士は、本件について交通事故紛争処理センターへ調停を申し立てました。そして、Dさんの主治医に面談して治療状況や現在の症状について確認をし、意見書を作成してもらいました。また、別の整形外科の医師にも面談し、Dさんの症状について意見を聞きました。
 

4.弁護士関与の成果

弁護士がDさんの具体的な症状にもとづいて、調停で損害額の主張・立証をした結果、話し合いの末、113万円で和解が成立しました。
これにより、Dさんは、当初の提示金額の約4倍の賠償金を受領することが出来ました。
   

5.弁護士の所感

本件は、治療を途中で中断してしまったため、治療日数が少なく、後遺障害認定もされず、被害者に不利な状況でした。しかし、専門の弁護士に依頼したことで、弁護士が専門医の意見を聞きながらねばり強い交渉を続け、結果として賠償額は大幅にアップすることができました。
  

 

当事務所の解決事例はこちら

怪我の部位(傷病)による分類

むちうち

むちうち以外の怪我

死亡事故

事故の状況による分類

車と車:追突

車と車:追突以外

車と二輪

車と人

後遺障害等級による分類

1~7級

8~12級

13~14級

物損の事例

物損あり

物損のみ

 

交通事故・後遺障害に関するご相談をお待ちしております。0742-81-3677 受付時間平日9:00~18:00(土曜日応相談)奈良市右京1丁目4番地サンタウンプラザひまわり館3階 着手金相談料 0円

 

交通事故に関してさらに詳しく知りたい方はこちら

交通事故問題解決の流れ


弁護士費用を保険で払う

交通事故の損害賠償 


後遺障害とは

交通事故

当事務所の情報はこちら

 

弁護士紹介

事務所紹介

 弁護士費用

アクセス