• HOME
  • 解決事例
  • 高速道路の合流地点で後続車に追突され、むち打ちで14級の後遺症を認定された事例

高速道路の合流地点で後続車に追突され、むち打ちで14級の後遺症を認定された事例

事故状況

  Aさんは、高速道路を走行中、合流路から強引に進入してくる車を避けようと減速したところ、後方を走行していた大型トラックに追突され、頸椎捻挫・背部挫傷の障害を負いました。
 

相談のきっかけ

  事故から半年程が経過したころ、加害者側の保険会社から治療を中止して欲しいとの連絡がありました。Aさんは、今後の保険会社との交渉にあたり、どのようにすべきかについて弁護士に相談に来られました。
 

弁護士の活動

  弁護士は、加害者側保険会社から事故に関する交通事故証明書、病院の診断書、診療報酬明細書などの書類を入手し、事故の状況を詳しく分析、理解しました。
  弁護士は、診療記録や症状固定時の画像データを用いて、後遺症認定の被害者請求を行いました。
  Aさんは14級の後遺症が認められましたので、弁護士はこの認定を受けて加害者側保険会社と示談交渉に入りました。
   

弁護士関与の成果

  当初、加害者側の保険会社との交渉では、逸失利益の計算に使う年数や、通院の慰謝料の金額について双方に大きな差がありました。
  弁護士は、加害者側の保険会社と粘り強く交渉を繰り返し、ほぼ満足できる金額で示談することができました。
 
  Aさんの損害賠償金額の内訳は
      治療費、交通費等    68万円
      休業損害    100万円
      慰謝料 通院    95万円
  後遺障害第14級   110万円
      逸失利益      70万円
        443万円

 

弁護士の所感

  事故から半年近くになると、保険会社は治療の打ち切りを通告してきます。そして引き続き示談交渉に入ってきます。被害者としてはやっと治療が一段落したと思っている時に、補償金額を示されて示談書に押印するように言われると、その金額が妥当かどうかの判断がつきません。
  このようなときには、すぐに結論を出すのではなく、弁護士に相談して意見を聞くのが得策です。沢山の事案を扱っている弁護士は、専門家として適切な助言ができます。自動車保険に弁護士特約がついているのであれば、ためらわずに弁護士に示談交渉を依頼されるべきです。
  弁護士に示談交渉を依頼することは、被害者にとって精神的、金銭的に非常にプラスになると確信いたします。
  

 

当事務所の解決事例はこちら

怪我の部位(傷病)による分類

むちうち

むちうち以外の怪我

死亡事故

事故の状況による分類

車と車:追突

車と車:追突以外

車と二輪

車と人

後遺障害等級による分類

1~7級

8~12級

13~14級

物損の事例

物損あり

物損のみ

 

交通事故・後遺障害に関するご相談をお待ちしております。0742-81-3677 受付時間平日9:00~18:00(土曜日応相談)奈良市右京1丁目4番地サンタウンプラザひまわり館3階 着手金相談料 0円

 

交通事故に関してさらに詳しく知りたい方はこちら

交通事故問題解決の流れ


弁護士費用を保険で払う

交通事故の損害賠償 


後遺障害とは

交通事故

当事務所の情報はこちら

 

弁護士紹介

事務所紹介

 弁護士費用

アクセス