• HOME
  • 解決事例
  • 町道を進行中、駐車場から出てきた車に衝突された事例(過失割合)

町道を進行中、駐車場から出てきた車に衝突された事例(過失割合)

1.事故状況

  Kさんが、子供を乗せて町道を時速20kmで走行中に、道沿いの店舗の駐車場から車が前方をよく確認せずに飛び出してきてKさんの車の側後部に衝突しました。

Kさんは事故の衝撃で、頸椎捻挫(むち打ち)・腰椎捻挫・右肩関節挫傷の負傷をしました。

 

2.相談のきっかけ

  Kさんの親戚の人が、以前に交通事故で当事務所に委任されていて、その対応が良かったことを聞いて、事故の1週間後に相談に来られました。

  Kさんにとって、交通事故は初めてなので、どのようにすればよいかアドバイス等が欲しいとのことでした。

 

3.弁護士の活動

  弁護士は、相手方保険会社から事故証明書・Kさんの診断書・レセプトを取り寄せました。刑事記録によれば、相手方は前方を良く確認せずに駐車場から道路に出て、Kさんの車に衝突したことが確認できました。

  Kさんは、治療を半年ほど続けた後に症状固定となりました。

 

4.弁護士関与の成果

  弁護士は、相手方保険会社と損害賠償の交渉を行いました。
  Kさんは主婦であったので、家事従事者として休業損害を算出し請求しました。相手方には前方不注視の過失があるとして、弁護士は90:10の過失割合を主張しました。

  当初は、相手方の保険会社もかなり抵抗しましたが、弁護士が具体的状況に基づいた主張を行い、交渉の末、最後には相手方の保険会社も折れて、弁護士の主張する90:10を受け入れました。

  

  損害賠償金額の内訳は

     人損  
      治療費、交通費等   55万円
      休業損害(主婦)   60万円
      通院慰謝料    89万円
           小計   204万円
      過失割合相殺(10%)    20万円
         差引合計   184万円

      

 

5.弁護士の所感

  Kさんは、知り合いの方から交通事故の交渉は、早い時期から弁護士に依頼するほうが良いと聞かれていて、事故直後に相談に来られました。

  そのため、弁護士は、整骨院での治療や治療期間についてその都度アドバイスを行い、、保険会社との交渉口となり、結果としてKさんを有利な状況に導くことが出来ました。

  早い時期から委任を受けると、弁護士としてはその案件を依頼者の有利な方向に持って行くための方針が立てやすく、良い結果を得ることが出来ます。

  Kさんも、弁護士からの適切なアドバイスや連絡を受けて安心して治療に専念できたと喜んでおられました。



 

当事務所の解決事例はこちら

怪我の部位(傷病)による分類

むちうち

むちうち以外の怪我

死亡事故

事故の状況による分類

車と車:追突

車と車:追突以外

車と二輪

車と人

後遺障害等級による分類

1~7級

8~12級

13~14級

物損の事例

物損あり

物損のみ

 

交通事故・後遺障害に関するご相談をお待ちしております。0742-81-3677 受付時間平日9:00~18:00(土曜日応相談)奈良市右京1丁目4番地サンタウンプラザひまわり館3階 着手金相談料 0円

 

交通事故に関してさらに詳しく知りたい方はこちら

交通事故問題解決の流れ


弁護士費用を保険で払う

交通事故の損害賠償 


後遺障害とは

交通事故

当事務所の情報はこちら

 

弁護士紹介

事務所紹介

 弁護士費用

アクセス