• HOME
  • 解決事例
  • 信号のない交差点で、バイクに衝突され12級の後遺障害を負った事例

信号のない交差点で、バイクに衝突され12級の後遺障害を負った事例

 

 

1.事故状況

   

 Aさんは、信号のない交差点を自転車で渡ろうとしていました。左側からバイクが高速で進んでくるのが

見えました。Aさんは、自転車からおりて、バイクをやり過ごそうとしましたが、バイクは減速せずそのまま

進んできて、Aさんを跳ね飛ばしました。

 

 Aさんはこの事故で頭を打ち、急性硬膜外血腫、脳挫傷、右大腿打撲傷などの負傷をし、救急車で病院

に搬送され、2ヶ月に渡り入院を余儀なくされました。

 

 

2.相談のきっかけ

 

 事故の後すぐにAさんの家族が、インターネットで当事務所を知り相談に来られました。

 

 相手方は任意保険に加入していなかったことから、当面は労災を利用して治療を続けることになりました。

Aさんは大きな怪我をされているので、家族はAさんの入院・治療のサポートに大きな労力が予想される

ため、加害者との交渉については、弁護士に委任することにされました。

 


 

3.弁護士の活動

 

 Aさんからこの事故についての対応を委任された弁護士は、Aさんの治療経過を確認しながら相手方との

交渉を開始しました。

 

 Aさんの治療は長期に渡り、事故発生から1年2ヶ月後に症状固定となりました。後遺症診断書や画像

データに基づき、弁護士は、自賠責調査事務所に後遺症認定の被害者請求を行いました。

 

 弁護士は、「神経系統の機能又は精神に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することができない

もの」として、第7級の後遺症障害に相当すると主張しました。

 

 自賠責調査事務所は、脳挫傷痕の残存が認められ、他覚的に神経症状の傷害が証明されるものと

捉えられることから、「局部に頑固な神経症状を残すもの」として、12級の後遺症障害を認定しました。

 

 

4.弁護士関与の成果

 

 弁護士は、12級の後遺障害認定を受け、相手方と損害賠償の交渉を行いました。ただ、相手方は

任意保険に加入しておらず、資力もありませんでした。

 

 Aさんは、労災給付金と自賠責よりの傷害保険金及び後遺症保険金を先行して受け取ることにし、

残高を相手方本人に請求しました。相手方はその金額の大きさから自己破産せざるを得ませんでした。

弁護士は、破産管財人と過失割合について100:0とする交渉をし、相手方の破産財団(破産者が支払う

ことができる財産)から、可能な限りの配当を得られるようにできました。 

 

  

5.弁護士の所感

 

 Aさんに衝突した相手方が任意保険に加入していなかったため、Aさんは満額の損害賠償を得ることは

できませんでした。相手方が損害賠償金を支払う資力がなく、自己破産をしてしまうと、損害賠償金を取り

立てる方法がなくなります。

 

 被害者にはまったく過失がないのに、相手が事故に対する対応をしていなかったため、十分な補償を

して貰えないということは、本当に受け入れがたいことですが、あり得ることです。

ただ、相手方が破産をしても、管財人と交渉をして、法的にできる限りの賠償を得ることで、Aさんは納得

して事件を終えることができました。

 

 

 

 

当事務所の解決事例はこちら

怪我の部位(傷病)による分類

むちうち

むちうち以外の怪我

死亡事故

事故の状況による分類

車と車:追突

車と車:追突以外

車と二輪

車と人

後遺障害等級による分類

1~7級

8~12級

13~14級

物損の事例

物損あり

物損のみ

 

交通事故・後遺障害に関するご相談をお待ちしております。0742-81-3677 受付時間平日9:00~18:00(土曜日応相談)奈良市右京1丁目4番地サンタウンプラザひまわり館3階 着手金相談料 0円

 

交通事故に関してさらに詳しく知りたい方はこちら

交通事故問題解決の流れ


弁護士費用を保険で払う

交通事故の損害賠償 


後遺障害とは

交通事故

当事務所の情報はこちら

 

弁護士紹介

事務所紹介

 弁護士費用

アクセス