• HOME
  • 解決事例
  • 信号待ちで停車中に追突され、むち打ち等の怪我を負った事例

信号待ちで停車中に追突され、むち打ち等の怪我を負った事例
 

 

1.事故状況

 

  Aさんは、交差点で信号待ちをしていたところ、後から来た車に追突されました。

  Aさんはこの事故で頚部挫傷(むち打ち)、腰部挫傷、右膝関節挫傷、右股関節挫傷などの

負傷をしました。

 

 

2.相談のきっかけ

 

  事故から4ヶ月ほどたった頃、Aさんは、相手方の保険会社から、治療期間は後1~2月で終了に

なると通告されました。治療期間が終わり症状固定となると、示談交渉が始まります。

  Aさんは、一人で保険会社と示談交渉するのを不安に感じ、弁護士の力を借りたいと思われました。

弁護士会の無料相談に行かれましたが、そのときは依頼するまでには至りませんでした。

 

  Aさんは、自分が信頼できる弁護士に依頼したいと思い、インターネットで調べて当事務所を知り、

相談に来られました。

  Aさんは、当事務所の弁護士と面談をして、その場で今後の交渉を弁護士に委任することにされました。

 

 

3.弁護士の活動

 

  Aさんからこの事故についての対応を委任された弁護士は、すぐに相手方の保険会社から、

診断書、レセプト、双方の車両の写真、現場写真等の事故の関連資料を取り寄せました。

弁護士は、Aさんの治療期間について相手方保険会社と交渉し、事故から7ヶ月弱で症状固定としました。

 

   弁護士は、症状固定を受けて、頸椎の変形性変化による神経根症状が発生しているとして、

自賠責事務所に対して後遺症認定の申請を行いました。

  残念ながら、この申請は認められませんでしたが、弁護士は相手方保険会社との示談交渉を開始しました。

 

 

4.弁護士関与の成果

 

  相手方保険会社との示談交渉においては、休業損害額がポイントになりました。

  Aさんは仕事をされていましたが、フルタイムではないのでその収入を基に休業損害額を算定すると

非常に低い金額になります。弁護士は、主婦としての休業損害額を請求し、相手方保険会社と交渉しました。

 

  交渉の結果、相手方保険会社は当初の算定額の72%アップを認めました。

  損害賠償金額の内訳は

    人損

    治療費、交通費等            80万円

    休業損害                  68万円

    通院慰謝料(6ヶ月)            91万円

          計                   239万円

 

 

5.弁護士の所感

 

  Aさんは、事故発生時から保険会社との接触に大きなストレスを感じられていました。

  Aさんは、任意保険の弁護士特約を使って、交渉を弁護士に委任することにより、

このストレスから解放され、精神的に非常に楽になられました。

 

  Aさんのように、保険会社のビジネスライクな対応にストレスを感じられる被害者は非常に

大勢おられます。

  任意保険で弁護士特約に加入されていた場合、事故後のできるだけ早い時期に、

弁護士に相手方との交渉を委任されることをお勧めします。

弁護士特約により、費用のことを心配せずに、弁護士に治療についての相談をしたり、

示談交渉を委任できるのですから、是非とも活用すべきと思います。

 

 

 

 

当事務所の解決事例はこちら

怪我の部位(傷病)による分類

むちうち

むちうち以外の怪我

死亡事故

事故の状況による分類

車と車:追突

車と車:追突以外

車と二輪

車と人

後遺障害等級による分類

1~7級

8~12級

13~14級

物損の事例

物損あり

物損のみ

 

交通事故・後遺障害に関するご相談をお待ちしております。0742-81-3677 受付時間平日9:00~18:00(土曜日応相談)奈良市右京1丁目4番地サンタウンプラザひまわり館3階 着手金相談料 0円

 

交通事故に関してさらに詳しく知りたい方はこちら

交通事故問題解決の流れ


弁護士費用を保険で払う

交通事故の損害賠償 


後遺障害とは

交通事故

当事務所の情報はこちら

 

弁護士紹介

事務所紹介

 弁護士費用

アクセス