• HOME
  • 解決事例
  • 信号待ちで追突され、むち打ちや両肩・腰部の打撲・挫傷を負った例

信号待ちで追突され、むち打ちや両肩・腰部の打撲・挫傷を負った例

 

1.事故状況

 

  Aさんが、交差点で信号待ちをしていたところ、後続の車に追突されました。

  この事故で、Aさんはむち打ちや両肩・腰部の打撲・挫傷を負いました。

 

 

2.相談のきっかけ

 

  事故から2年後、Aさんは知人の紹介で相談に来られました。

  事故によるAさんの怪我は重く、症状固定まで1年9か月を要しました。加害者側の保険会社は

後遺症の事前認定を申請し、14級の後遺障害が認定されました。

 

  後遺症認定後、加害者側の保険会社は示談交渉を急ぎ、Aさんに解決金の提示をしてきました。

  Aさんは、後遺症認定の結果にも納得できなかったのですが、保険会社からこの決定は覆ることはないと言われました。 Aさんはどうすればよいかわからなくなり、相談にこられました。

 

 

3.弁護士の活動

 

  弁護士は、頚椎MRIを改めて取得し、主治医にAさんの症状についての質問書への回答を

依頼しました。この回答書では、事故前になかった頸部や左上肢のしびれや腰痛と錐体の変形や

椎間板の突出に関連が認められるとの見解を得ました。

 

  弁護士は、MRIの画像や医師の見解を基に、自賠責事務所に異議申立を行いました。

残念ながら異議は認められず、14級の後遺障害が確定しました。

 

 

4.弁護士関与の成果

 

  弁護士は、後遺障害認定が確定したのち、直ちに相手方保険会社との損害賠償の交渉を開始しました。

 

  当初、相手方保険会社はAさんに治療費、交通費の336万円プラス250万円の計586万円で

談を提示していました。

 

  弁護士は、休業損害を100日分としていた保険会社の主張に対し、Aさんの治療期間が長かった

ことから、260日分を主張し認めさせました。 逸失利益についても、相手方は3年を主張していましたが、

弁護士は5年間についての逸失利益を主張し認めさせました。

 

  結果的に、Aさんは当初の相手方保険会社の提示金額より213万円多くの損害賠償金を得ることが

できました。

 

 

損害賠償金額の内訳は

 

  治療費、交通費等              336万円

  休業損害                   150万円

  逸失利益(労働能力喪失率5%、5年)   75万円

  通院慰謝料                  128万円

  後遺障害慰謝料(14級)           110万円

        小計                799万円

 

 

5.弁護士の所感

 

  追突され長期の治療を強いられた上に、相手方保険会社からは一方的に示談金を提示されたり

すると、被害者としては到底納得できません。 又、相手方保険会社が、示談金の内訳も明示せず

一括金額で提示したりすると、被害者は金額について妥当かどうかの判断ができません。

 

  このような時は、弁護士に相談することにより、受けた被害に対する損害賠償金額が妥当かどうか

の判断ができます。そして、その金額に納得できないときには、保険会社との交渉を弁護士に委任する

ことがお勧めです。

 

  弁護士は、多くの事案を扱った経験から、相手方保険会社との交渉のみならず、後遺症認定の

被害者請求についても適切なアドバイスができます。

  Aさんのように任意保険の弁護士特約にも加入されている場合は、事故の後のできるだけ

早い時期に弁護士に相談されることが、被害者にとって納得できる解決につながります。

 

 

 

 

当事務所の解決事例はこちら

怪我の部位(傷病)による分類

むちうち

むちうち以外の怪我

死亡事故

事故の状況による分類

車と車:追突

車と車:追突以外

車と二輪

車と人

後遺障害等級による分類

1~7級

8~12級

13~14級

物損の事例

物損あり

物損のみ

 

交通事故・後遺障害に関するご相談をお待ちしております。0742-81-3677 受付時間平日9:00~18:00(土曜日応相談)奈良市右京1丁目4番地サンタウンプラザひまわり館3階 着手金相談料 0円

 

交通事故に関してさらに詳しく知りたい方はこちら

交通事故問題解決の流れ


弁護士費用を保険で払う

交通事故の損害賠償 


後遺障害とは

交通事故

当事務所の情報はこちら

 

弁護士紹介

事務所紹介

 弁護士費用

アクセス