• HOME
  • 口の後遺障害について

口の後遺障害について

交通事故により、口に後遺障害が残る場合があります。
口の後遺障害の主な症状としては、咀嚼機能を廃してしまった、上手く発音が出来なくなってしまった、歯を失ってしまった、味覚機能を脱失・減退してしまったなどがあげられます。

口の後遺障害の認定基準は以下の通りになります。

 

口の後遺障害の認定基準

①咀嚼・言語機能障害

等級

認定基準

12

咀嚼および言語の機能を廃したもの

32

咀嚼または言語の機能を廃したもの

42

咀嚼および言語の機能に著しい障害を残すもの

62

咀嚼または言語の機能に著しい障害を残すもの

96

咀嚼および言語の機能に障害を残すもの

103

咀嚼または言語の機能に障害を残すもの

 

咀嚼の程度、発声の程度により、後遺症の等級が決まっています。

 

②歯牙の障害

等級

 

認定基準

104

14歯以上に対し歯科補綴を加えたもの

114

10歯以上に対し歯科補綴を加えたもの

123

7歯以上に対し歯科補綴を加えたもの

135

5歯以上に対し歯科補綴を加えたもの

142

3歯以上に対し歯科補綴を加えたもの

 

交通事故で、現実に喪失した歯の本数が対象となります。

歯牙の障害は、失った歯が3本以上喪失しなければ後遺障害の対象にはなりません。

また、歯牙の障害においては、専用の後遺障害診断書を利用する点も注意しましょう。

 

③嚥下障害・味覚の逸失・減退

等級

認定基準

12 級相当

味覚を脱失したもの

14 級相当

味覚を減退したもの

嚥下障害とは、食物を飲み下すことができない状況です。

頭部外傷によって、嚥下障害や味覚障害が発生することがあります

味覚検査は、甘味、塩味、酸味、苦味の4つの基本となる味を5段階で検査します。

 

④特殊例

等級

認定基準

103

気管力ニューレの抜去困難症である場合

62

半永久的に抜去が困難な気管力ニューレの抜去困難症である場合

  

当事務所では、口に後遺障害を負われた方に対し、適正な後遺障害の等級認定を得られるように認定のサポートを行っております。

口に後遺障害を負われてしまい、お悩みになられていることがございましたら、お気軽にご相談下さい。

 

 

当事務所の解決事例はこちら

怪我の部位(傷病)による分類

むちうち

むちうち以外の怪我

死亡事故

事故の状況による分類

車と車:追突

車と車:追突以外

車と二輪

車と人

後遺障害等級による分類

1~7級

8~12級

13~14級

物損の事例

物損のみ

 

交通事故・後遺障害に関するご相談をお待ちしております。0742-81-3677 受付時間平日9:00~18:00(土曜日応相談)奈良市右京1丁目4番地サンタウンプラザひまわり館3階 着手金相談料 0円

 

交通事故に関してさらに詳しく知りたい方はこちら

交通事故問題解決の流れ


弁護士費用を保険で払う

交通事故の損害賠償 


後遺障害とは

交通事故

当事務所の情報はこちら

 

弁護士紹介

事務所紹介

 弁護士費用

アクセス