むちうち(鞭打ち)について

むちうち症は、自動車の追突事故が原因で起こる症状ですが正式な名称ではなく、傷病名では、

「頚椎捻挫」(けいついねんざ)、

「頸部挫傷」(けいぶざしょう)、

「外傷性頸部症候群」(がいしょうせいけいぶしょうこうぐん)、

「バレ・リユウー症候群」

などと診断されます。

 

軽い事故であれば事故直後の病院での検査で異常が認められず、2、3日経過した後から症状が現れだんだんと首の痛みや頭痛、肩こりやめまいといった症状が現れることがあります

 

むちうち症は一般的にも耳にする機会が多いものであるため、「むちうちは後遺障害に該当しないのでは?」と思われている方も多いのではないでしょうか?

 

確かにむちうち症は、見た目では外傷がないため簡単に後遺障害と認められるわけではありません。

しかし、むちうち症は適切な期間、整形外科での治療を継続し、後遺症診断書で画像所見や適切な神経テストの結果を記載してもらえれば、十分に後遺障害に認定してもらえます

実際に、当事務所では、むち打ち症に関しては被害者請求を行った半数以上の事例で、自賠責の後遺症認定を得ています。

 

むちうち症の等級認定について

等級

労働能力喪失率

労働能力喪失期間

認定基準

1213

14%

510

局部に頑固な神経症状を残すもの

149

5%

5年以下

局部に神経症状を残すもの

 

むちうちの後遺症の認定においては注意すべきポイントは、例えば画像であれば、レントゲンではなく、MRIで神経状況を把握することが必要になるなど、むちうち症に対する知識を十分に持っていなければ適切な認定を得ることができません

 

むちうち症の検査・治療を行う際には、むちうち症に精通した医師の下で検査・治療を行うことをお勧めいたします。

 

当事務所はむちうちの実績が多数あります。関連記事はこちら

むちうち(鞭打ち)について

むちうち損傷とは

むちうち損傷の特徴

むちうち損傷の症状

むちうち損傷の治療

むちうち損傷の検査

むちうち症と神経症状

むちうち損傷と後遺障害認定

むちうち損傷と労働能力喪失期間

むちうち損傷の素因減額

12級と14級の違い

むちうち損傷と後遺障害等級~12級と14級

むちうち治療ポイント

 

当事務所の解決事例はこちら

怪我の部位(傷病)による分類

むちうち

むちうち以外の怪我

死亡事故

事故の状況による分類

車と車:追突

車と車:追突以外

車と二輪

車と人

後遺障害等級による分類

1~7級

8~12級

13~14級

物損の事例

物損のみ

 

交通事故・後遺障害に関するご相談をお待ちしております。0742-81-3677 受付時間平日9:00~18:00(土曜日応相談)奈良市右京1丁目4番地サンタウンプラザひまわり館3階 着手金相談料 0円

 

交通事故に関してさらに詳しく知りたい方はこちら

交通事故問題解決の流れ


弁護士費用を保険で払う

交通事故の損害賠償 


後遺障害とは

交通事故

当事務所の情報はこちら

 

弁護士紹介

事務所紹介

 弁護士費用

アクセス