• HOME
  • 弁護士費用特約の誤解

弁護士費用特約の誤解

 最近、自動車保険に「弁護士費用特約」を付けている人が増えていますが、この特約については、多くの誤解がされています。

 

誤解1 弁護士は、保険会社の指定する人でないといけない→×

  ~弁護士は、被害者自身が選べます。「○○弁護士に頼みたいので、特約を利用します」と保険会社に連絡してもらえればOKです。
 

誤解2 弁護士は、示談するときにしか頼めない→×

  ~弁護士は、委任されれば事故直後から代理人として入ることができます
 

誤解3 弁護士費用は、自己負担分が生じる→×

  ~一般的な弁護士費用特約では、1事故につき300万円までの弁護士費用が保険で賄われます。死亡事故や将来の介護を要するなど、よほど高額な損害賠償事案でない限り、通常弁護士費用が300万円を超えることはありません。したがって、自己負担分が生じるケースは、極めて少ないのが現状です。
 

誤解4 弁護士費用特約を使うと、保険の等級が下がってしまう→×

  ~弁護士費用特約を利用しても、保険の等級には影響がありません
 
 

 

当事務所の解決事例はこちら

怪我の部位(傷病)による分類

むちうち

むちうち以外の怪我

死亡事故

事故の状況による分類

車と車:追突

車と車:追突以外

車と二輪

車と人

後遺障害等級による分類

1~7級

8~12級

13~14級

物損の事例

物損あり

物損のみ

 

交通事故・後遺障害に関するご相談をお待ちしております。0742-81-3677 受付時間平日9:00~18:00(土曜日応相談)奈良市右京1丁目4番地サンタウンプラザひまわり館3階 着手金相談料 0円

 

交通事故に関してさらに詳しく知りたい方はこちら

交通事故問題解決の流れ


弁護士費用を保険で払う

交通事故の損害賠償 


後遺障害とは

交通事故

当事務所の情報はこちら

 

弁護士紹介

事務所紹介

 弁護士費用

アクセス